トップページ →間違った転職の仕方

間違った転職の仕方

仕事を探す!本気でその気があるなら選んでいる余裕はありません。本気で仕事をする気があるのであれば、必ず仕事は見つかります。

次の方を例に挙げてみましょう。

最初の転職では、国内資本の大企業へ。しかし、仕事を任されるまでに時間がかかることや、無駄だと思える会議が多いことなど、「実力主義」とは程遠い環境に嫌気がさす。
2度目には外資系の大手IT企業に転職。しかし今度は、上司の意見が絶対で、上司に媚を売る人が評価を受け、さらに昇進するという現実に直面した。「実力主義だ」と思って入ったのに…。

この人は、国内資本の会社から外資系に移れば、「成果だけ出していれば、評価される」という間違った見方を持ってしまったようです。しかし大手企業であれば、国内系、外資系問わず人間関係は重要ですし、上司との関係がもっと重要なことはいうまでもないことです。顧客だけと仕事をしていればいいというものではありません。組織で働く上での大前提はどこでも変わりません。会社を移れば全てが変わるだろうと考えるのは、転職がうまくいなくなる典型的なパターンです。

自分を中心に考えるのではなく、会社は今どんな人材を必要としているのか?

を考える事をおすすめします。



     次の記事へ

アルバイトで働く

昨今の不景気もあり、就職するのもなかなか難しくなってきています。そこで、アルバイトや、派遣社員、契約社員などの、正社員以外の働き方についても説明したいと思います。 

派遣社員で働く

仕事を探すにあたって、一番簡単に仕事を見つけることができるのが、アルバイトという選択肢です。アルバイトは、簡単に働くことができ、自分の働きたい時間だけ働き、休みも比較的自分の好きなように取ることができます。 

契約社員で働く

派遣社員とは、派遣会社に就職をしたり、もしくは登録をしたりし、派遣会社に紹介された職場で期間を決められて働く方法です。派遣会社は派遣社員の就航先として、様々な企業に営業をかけます。そうすることにより、派遣社員の就航先を確保します。 

正社員で働く

次に契約社員について説明したいと思います。契約社員は、就業先の企業と契約を交わして働いています。どういうことかというと、契約社員の場合は、給料と働く期間をあらかじめ会社と決め、契約を結び働きます。